ホーム 技法 道具 作品 ブログ
師匠の店 リンク集 自己紹介 趣味の部屋 掲示板
メールは
こちら

自己紹介

爺でございます。 炎ばかり見ていたからか? 老眼が進み 緻密な玉作りに苦戦しています。
現役卒業して 只今「とんぼ玉」に没頭中でございます。
工房なんて名前付けちゃいました。 聞こえがよろしいですが、ほぼ100%趣味の世界を浮遊しております。


ホームページの開設時のこと、  既に 「とんぼ玉 真」 の方がおられましてね
こちらとしては 「とんぼ玉」 と 「眞」 の名称は絶対に入れたい。
苦肉の策で 「とんぼ玉工房 眞」 と名乗る結果としたのでございます。



近場に先生を探してみましたが見つかりません、 やむなくの独学です。
一向に技術上達がございません。   行っては戻りの繰り返し。右も左も分かりません状態。
教室に通っている方々の数倍の苦戦とでも申しましょうか。


とんぼ玉を初めて見たのは、草津温泉のとある御店。
その不思議な魅力と美しさに、魅了されてしまいました。
以来、独学でとんぼ玉の制作を開始、とんぼ玉とたわむれる日々となりました。



さて、富士市中里の地は、風光明媚、新幹線越しに見える富士山の写真で有名な所です。
「新幹線と富士山の映像」であれば、間違いなくここ中里で撮影されたものです。
撮影ポイントは わずか200メートルほどの範囲。
ここから眺める富士山は日本一と自負しております。
天気が良ければ 東京、名古屋、山梨ナンバーのカメラオタクで賑やかになります。
お好きな方は三脚立てまして一日中のご様子でございます。




inserted by FC2 system